日本死の臨床研究会年次大会

市民公開講座

運命を引き受けて生きるということ

自分自身や家族が、誰も避けることのできない生老病死の試練に出くわした時、どのように生きていったらよいのでしょうか。

運命として引き受ける覚悟は生易しくはないゆえに、今の元気なうちから心備えが必要ですし、そのような困難を背負う人へ接する知恵も大切です。

運命というキーワードから、生きるヒントをすべての人に贈ります。

講師
佐々木常夫氏(株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役)
秋田市生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。家庭では自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻を抱えながら会社の仕事でも大きな成果を出し、01年、東レの取締役、03年に東レ経営研究所社長に就任。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。2011年ビジネス書最優秀著者賞を受賞。
オフィシャルWEBサイトhttp://sasakitsuneo.jp/
日時
2017年10月8日(日)
13:30~14:30(開場13:00)
会場
秋田県民会館大ホール
会場へは公共交通機関または近隣の駐車場(有料)をご利用願います。
料金
入場無料(どなたでも参加できますので、ぜひご来場ください。)
申込
事前申込不要(参加をご希望の方は、当日会場へお越しください。)

お問い合わせ先

事務局
第41回日本死の臨床研究会年次大会事務局
医療法人惇慧会 外旭川病院
TEL
018-868-5511
FAX
018-868-5577
E-mail
jard41akita@gmail.com
担当
佐藤悠一、後藤、佐渡

1週間以内に何らかの返信がない場合は再度お問い合わせください。

メニューを開く